BL Silver Coat

新たなる鏡面塗装システム


BL SILVER COAT

従来の銀鏡塗装とは異なる技術により開発されたBLシルバーコートRTは、短時間にてその基材表面を『銀による鏡面化』を可能とした、 全く新しいプロセスによるシルバークローム調 : 塗装処理システムです。 独自に開発を致しました最先端のナノテクノロジーにより、 銀ナノ粒子を低温下で凝結させる事に成功。 従来の銀鏡反応による銀膜に比べ、高輝度且つ安定をした銀膜を形成致します。 また、BLシルバーコートは通常の 塗装装置 ( コンプレッサー&スプレーガン ) にての施工が可能。 従来の銀鏡塗装の際に必要とされた 専用設備 (二頭ガン等 ) などは一切必要ありません。


BL SILVER COAT
BL SILVER COAT
BL SILVER COAT
BL SILVER COAT
BL SILVER COAT


新たなる鏡面塗装システム
短時間にて部材表面を『銀による鏡面化』する事が可能

作業工程も大幅に簡略化がなされており、コストパフォーマンスにおいても大変優れたシルバークローム調 : 塗装処理システムとなっております 。

BL Silver Coat

BLシルバーコートの特徴
最先端のナノテクノロジーにより『銀』をナノ粒子化

BLシルバーコートRTとは、最先端のナノテクノロジーにより『銀』そのものをナノ粒子化させ、 極々微細な銀の粒子による銀膜を形成する事を可能とした特殊塗料です。結果、その塗装表面は鏡面化を果たし、 限りなく本物の『鏡』に近い状態となります。

BL Silver Coat

塗装工程は3工程で低コストを実現
プライマー / 銀 / トップクリアーの3工程のみの施工

施工対象基材:樹脂系/プラスチック素材/金属/木材等々と多岐に渡ります。 低温強制乾燥 ( 基材温度 : 80℃ にて30分 )~常温にての乾燥も可能です。 従来のメッキ処理及び銀鏡に比べ、作業工程が大幅に簡略化。銀の推奨膜厚は僅か0.2μm。コスト・パフォーマンスに優れます。

GlossWell

BL Silver Coat RTの施工方法


image for article

プライマーの施工

1 ) 施工面を完全に脱脂する。

2 ) 1回目の塗装 / プライマーを薄く拭く。

3 ) 強制乾燥 : 80℃~100℃ (部材温度) / 10分程度。

4 ) 2回目の塗装 (仕上げ) : 光沢感の有る施工面を目指して下さい。

5 ) 強制乾燥 : 80℃?100℃ (部材温度) / 30分~1時間程。

6 ) 熱を加えギラギラとした施工面とする事が重要です。

[ 希釈比 ] 主剤 : 硬化剤 = 6 : 1 / シンナー = 主剤の40~60%(詳細を見る)


image for article

シルバーの施工方法

1 ) スプレーガンの吐出量を 0→1/4回転戻し に調整。

2 ) エアー圧は高目の設定に適時調整。

3 ) パターンも施工面に対して適時調整。

4 ) “塗料が施工面に飛んだ瞬間に銀色に変わる” のがベストな施工方法です。

5 ) シルバーは薄膜にて完結を致します。

6 ) シルバーの塗り重ねは、塗りムラの原因となります。

7 ) 強制乾燥 : 80℃~100℃ (部材温度) / 20分~30分程。

※ 初めてBL Silver Coat RTを施工される方は、まずは吐出量を上記の設定にてお試し下さい。

[ 希釈比 ] シルバー主剤 : シンナー = 1 : 1~3(詳細を見る)


image for article

トップクリアーの施工方法

1 ) 1回目の塗装 / トップクリアーを薄く拭く。

2 ) 強制乾燥 : 80℃~100℃ (部材温度) / 10分程度。

3 ) 2回目の塗装 / 再度トップクリアーを薄く拭く。

4 ) 強制乾燥 : 80℃~100℃ (部材温度) / 10分程度。

5 ) 3回目の塗装 (仕上げ) : 透明感の有る施工面を目指して下さい。

6 ) 強制乾燥 : 80℃~100℃ (部材温度) / 30分?1時間程。

[ 希釈比 ] 主剤 : 硬化剤 = 8 : 1 / シンナー = 主剤の40~60%(詳細を見る)


image for article

重要ポイント : [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ]

その1 : シンナーの完全な除去
各工程において、それぞれの溶剤に含まれるシンナーの成分を完全に除去する事が重要となります。 強制乾燥 / 常温乾燥に関わらず、 完全にシンナーの成分を揮発 / 除去して下さい。シンナーの成分が残っていますと、銀の発色に 影響(青味を帯びた発色となるケースがあります) を及ぼす場合があります。

その2 : 強制乾燥時の温度設定
強制乾燥に必要とされる温度 : 80℃とは、乾燥炉内の温度設定では無く、あくまでも施工対象となる 部材全体の温度を意味します。 また、強制乾燥の際は、常温放置により部材にかけられた熱を完全に除去した後、次の作業工程にお進み下さい。

その3 : 完璧な下地造り
BLシルバーコートは非常に薄膜にて完結を致しますので、施工面に対する下地造りは非常に重要です。 施工面を完璧な鏡面状態とされてからの 塗装をお薦め致します。


ストラタキャスターを全面シルバーに

スプレーガンさえあればこの輝きを作り出せます。メッキ処理に比べ大掛かりな設備は必要ありません。


BLシルバーコートの塗装の基本

ムラ無く塗るためには、薄く塗ることが重要です。そのためには塗料の吐出量の調整が大事です。 吐出量の調整は最大で、0→1/4回転戻し!!!まずはこの調整でお試しください。 ガラスもシルバーに出来ます。